読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

windowsのファイル検索、バカ過ぎない?

僕は自分のパソコンは持っていない。しかし、それだと論文が書けないからと、ある人がMac bookを貸してくれている。Macは今まで使ったことがなくて、気取っている感がとても嫌だったけど、いざ使ってみるとめちゃくちゃ使いやすい。

特に、MacのFinderはとても性能が良くて、ファイル名を検索できるのはもちろん、文書ファイルの中に書かれている文字でさえも検索できてしまう。これは結構大事で、ファイル名は思い出せないけど、こういう内容が書かれてあるファイルを探したい時が結構あるので、この機能は素晴らしい。

検索の圧倒的王者のGoogleは、Macの上を行く性能を持っている。ウェブ上のGoogle driveで、ファイルを検索すると、Mac同様ファイルの中身も検索できるだけでなく、写真も検索できる。例えば、「寿司」と検索すると、自分がとった寿司の写真が出てくるのだ。ただし、ウェブ上でないと検索機能が使えないところが欠点。

その点、Windowsのファイル検索はあまりにしょぼすぎる。僕は今会社でWindowsを使っているが、ファイルの検索が全くできない。例えばフォルダに「私と小鳥と鈴と.docx」というファイルがあったとして、"私と"と検索しても引っかからないばかりか、"私と小鳥と鈴と"と検索しても「検索条件に一致する項目はありません」と出てくる。100%一致しているものがあるにもかかわらず、シラをきる体たらくぶりである。

Macタブレットが流行っているとはいえ、特に仕事場ではほとんどの人がWindowsを使っているはず。ファイルを検索する人も多いだろうに、みんなこのポンコツ機能について文句言ってないのかな。みんなどうしているんだろう。