読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

3000円?ざけてんのか

僕が前に住んでいた市から書類が届いた。封筒には「臨時福祉給付金」と書いてある。

この書類は簡単に言うとお金をあげますよという内容だった。僕は28年1月1日には博士課程の学生だったので収入はなし。そういう人にお金をあげますよという制度だった。

お金をもらえるのは嬉しい。でもね、その金額が3000円だったのだ。

そりゃさ、日本の国民の対象者全員に給付するんだから3千円でも大金かもしれないけどさ、一年に一回、3000円もらってどうなるんだっての。一日10円もらって、「嬉しいだろ!」って言われているようなもんだよ。そんなことよりも無駄に多い国会議員・県会議員・市議会議員そして公務員を今の三分の一ぐらいにすればもっと給付できるんじゃないんですか?断言するけど、そのぐらいの数になったって十分仕事は回りますよ。いや、今よりも仕事は効率よくなりますよ。

そもそもさ、この書類を郵送で送るのにも結構お金かかってるでしょ。たった3000円給付のためにこんな書類を送るってもったいなくない?しかも、記入するところは名前とハンコのみ。そんなの記入する必要あるのかね?有無を言わさずにお金払ってればいいんじゃないの?そしてメールで通知すればいいんじゃないの?

でも「じゃあいらないね?」と言われると、すみませんって言うしかないけどね。とりあえず3000円なんてすぐ消えますよ。