読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

長谷川豊氏より、インテリぶった偽善の堀潤の方が害悪

1. 主張| Claim
ブログが炎上したことが原因でレギュラー番組を下された長谷川豊氏のことが、ワイドナショーで取り上げられていた。

その中で堀潤とかいう、インテリぶって爽やかぶっている人が、あまりに偽善に映った。
端的に言うと彼は、長谷川さんの言動は許せないと言っているのだが、批判を受けている人間に、批判を浴びせたところでなんの面白みもない。そんなことわざわざテレビでコメントをする必要はない。

ちなみに、僕は以前のブログの記事で長谷川さんの意見に賛同するということを書いた。
僕の基本的な考え方は、「自己責任」。しかし、病気はほとんどの場合自分のせいではないので支援するべき。あと生まれる家庭も選べないので、教育についても支援すべきだと思っている。

だから、自己責任でなる病気については、100%自費でもいいと思っている。僕は透析について知識はないので長谷川さんの意見には完全に同調できないが、自己責任でなった病気については自己責任で治療費を出すべきという意見に関しては同調する。

堀潤氏は、怠惰な生活をしようがしまいが病気をした人は救うべきと言ったが、それなら「自己責任」という考えではないというのか。もしそうであれば、借金で苦しんでいる人も税金ですべて援助してあげようという考えにもなるのではないのか。

あと、ネットと実際では性格が変わるとかも言っていたが、状況によって物言いや態度を変えるというのは当たり前。誰だって、仕事の自分と家の自分は違うでしょ。コールセンターで毎日平謝りしている人だって、本当に心の底から申し訳ないと思っているわけがない。堀潤だって、偽善ぶった優等生的なことばっかり言っているけど、本当にそう思っているのかね。「人は多面性がある」と思って多面性を出している人より、「多面性はない」と言っておきながら多面性がある人のほうがよっぽど害悪じゃないかね。

ということで、僕は偽善ぶった人が大嫌いです。逆に、偽悪ぶっている長谷川さんの方が好き。