読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

言語習得はDuolingoで!

スウェーデンに来て3.5ヶ月。ものすごーくざっくりですが、スウェーデン語がわかってきた気がします。

僕は最初、来てすぐ無料のスウェーデン語講座を受けていたのですが、思いっきり心が折れて、その後結局行かなくなりました。その話はココに書いてあります。

実際には仕事場では英語だし、街の人も英語をわからない人はいないのですが、やっぱりスウェーデン語を知っていたほうが世界が広がります。

今は、買い物をしたときの値段などは聞き取れるぐらいですね。あとお店だと「飲み物は?」とか「レシートは?」みたいな予想できる会話なので、なんとなくわかります。

もちろん僕は見た目にもスウェーデン人ではないので、英語で話しかけられることもありますが、スウェーデン語で話しかけられるとちょっと嬉しいですね。それで理解できるともっとうれしいです。

ということで、最近はDuolingoというサイトでスウェーデン語を勉強しています。

このDuolingoは、堅苦しい教科書のような感じはなく、絵を見て言葉を覚えるような感じです(説明下手くそ)
まぁ、無料なのでやってみてください。
https://www.duolingo.com/
ただ、これだけだとちょっと不十分かな?やっぱり教科書読まないとわからない気はする。

早くレストランで働いている中国人ぐらい、スウェ語出来るようになりたいな。

ちなみに、北欧はそれぞれ国で言語は違いますが、スウェ語は一番簡単らしいです。それを表した絵がこちら。


スウェーデン語は子猫で表されてます。一方お隣のフィンランドゴジラ・・・

日本の友だちが来たときに、スウェーデン語ペラペラになってるとかっこいいんだけどなぁ。



よかったら押してね!