読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

犬たちは雪を喜び駆け回っています

僕が9月30日にストックホルムに来て、一番の寒さになってます。大晦日は暖かくて雪じゃなく雨が降るほどだったのに、一気に寒くなりました。パソコンの天気予報では、最低気温ー18度、最高気温ー9度ほどになってます。寒いですねー。さらに風が強いことも多いのでなおさら寒いです。

そんな中、めちゃくちゃ小さい犬を散歩している人を見かけました。何と犬はたくましいんでしょう。街でも犬をたくさん見かけて、楽しそうにしています。日本の雪やこんこんの話は本当みたいです。僕が子供の頃に飼っていた犬は、コタツで寝てホカホカで出てくるという感じでした。

冒険家の関野吉晴さんが、アラスカの氷の大地を犬ぞりで走っていた動画を見たことがあります。寝るときに人はテントに入りますが、犬は外で寝ます。吹雪だと、朝には犬が雪に埋もれて、掘り起こすのが日課だと伝えていました。犬って寒さに強いんですね。