読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

早く独立して研究したい

僕は、研究機関のあるプロジェクトを任されてスウェーデンにやってきた。そこには今までそのプロジェクトに関わっている人がいて、僕はいまその人に付きっきりで実験方法などを教わっている。

その人の説明がへたくそでイライラする。もちろん英語力がない僕も悪いのだが、1を聞くと10ぐらい跳ね返ってしゃべってくる。しかもよく聞いてみると、そのうちの9.5ぐらいは関係のないことで、結局一番聞きたいことは話してないことが多い。

英語圏の人は、プレゼンがうまいとかそういう固定観念があるけど、まったくそんなことない。説明のうまい人は、どこの人でも説明がうまい。説明の下手な人は、とにかくしゃべる。「すべてをチェックしたわけではないけど、本当にそうは言えるかもしれないけど僕はそう思ったりする」とか、クソ回りくどい言い方をする。

かといって、今の僕はそのカウンターパートがいないと、結局何もできない。その人は優しいけど、もし怒らせたらプロジェクトも前に進めないし。とにかく今は耐え、早く実験を覚えて、独立して研究したいよ。