読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

年末年始の過ごし方

12月31日は午後六時まで家にいてそこから出かけました。ストックホルムでカウントダウンの花火があるんです。

でもね、その前にすぐ帰っちゃった。

1人で深夜ずっと待ってるのが寂しいし、挙句の果てに雨が降ってきたんです。11月の最初に初雪が降ったぐらい寒かったのに、12月31日は多分東京より暖かかったんじゃないかと思うぐらい暖かくて、挙句の果てに雨ですよ。

あと、元々あまり乗り気じゃなかったんです。1人で待つのは寂しいし、欧米人の「いえーい、ハッピニューイヤー!!」みたいなノリがどうも好きじゃなくて。

ということで10時にはもう家にいました。そこから風呂に入って、Youtubeでイギリスのカウントダウン花火のライブ見てました。

ちなみにストックホルムでも、外は相当バンバンうるさかったです。中心地もそうだと思うけど、家の周りに、多分お兄ちゃんたちが花火鳴らしまくってる。これはやっぱり日本とは違いますね。