読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

分かりやすい話をするためには、外国に行くとよい

その人が喋る言語によらず、話が分かりやすい人とわかりにくい人がいる。よく英語は論理的だからとかいうやつがいるけど、そんなの関係ない。

話が分かりにくい人っていうのはとにかく無駄な内容が多い。「もしかしたらこういうこともあるかもしれないけど基本はこうだけど、もっと調べといて」とか、こういう感じ。95パーセント無駄なやつとか一緒に話したくない。

こっちが分かりやすい話をする方法を学ぶためには、外国語で話した方がいいのではないかと思った。外国語だと、どうしても単語数が少なくなるから、あまり複雑な文章にするとしゃべれないし通じない。逆に、重要なことだけを言えれば、文章なんかしゃべらなくても単語だけとかボディラゲッジだけでも通じる。

ということで、英語じゃなくてもどっか話の通じない国、あるいは話の通じないおっさんとかと喋ることをした方がいいな。僕の今がその状況だけど。