読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

傲慢上司、トシ

昨日はトシとあーちゃんが出張だった。今日の朝来たら、トシがあーちゃんに文句を言っていた。あーちゃんのプレゼンが良くないという内容だった。その中に、トシのプレゼンが素晴らしいという内容が、節々に挟まれていた。

午後、トシが出かけてあーちゃんと二人きりになった。その時に昨日の出張はどうだったか聞いてみた。

あーちゃんの意見だと、トシは感情が激しすぎるらしい。時にはものすごくポジティブ、そして時にはものすごくネガティブになる。しかもそれが全く根拠が無い。昨日で言えば、あーちゃんのプレゼンがダメで、このまま行けば会社が潰れると言っていたらしい。

トシの感情が激しいことは僕も同意する。彼は自分がいちばんだと常に思っていて、成功することしか考えていない。小さな失敗をするといきなり感情的になって僕らに当たって理不尽なことを言ってくる。

僕はあーちゃんのプレゼンをみたことがあるが、あーちゃんのプレゼンはわかりやすいと思う。しかし、トシはまず「あーちゃんのプレゼンは悪い」という気持ちがあって、だから小さな悪いことを一生懸命探そうとするのだ。

僕は肝心のトシのプレゼンは聞いたことがない。トシのプレゼンはどうなんだとあーちゃんに聞いたら、「プレゼンの時にトシは声がとても小さくなる」と言っていた。どうやらトシのプレゼンは、お世辞にもうまくはなさそうだ。

トシの悪いことは、傲慢で自分が素晴らしく他人は馬鹿だと考えているところにある。それはトップとしてあるまじきことだと思うが、もう一つトシがトップとして失格だと思うことは、部下を全く信用していないことである。トシが外出していると、僕らがサボってないかを監視するために、しょっちゅう電話をかけてくる。今日も5時58分に電話をかけてきた。しかも全く内容がない電話をかけてきた。つまりトシは先に帰ってないか監視しているのである。気持ち悪いやつだ。部下を信用しない上司は失格だ。潰れてしまえ。でも僕が抜けた後にね(はぁと)。