読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

主体的に動く

昨日の記事は、トシがとにかくダメ人間なので、自分も仕事のやる気はないという話だったが、実際に昨日の記事を書いていて”僕自身がダメ人間だな”と思っていた。

僕はただ単に仕事をやりたくない理由を外部(この場合はトシ)に押し付けようとしているだけなのである。

仕事のこと以外にも広げると、僕は基本的に「これがないからあれができない」と思ってしまうタイプなのだ。例えば小説を書きたいけど近くに良いカフェがないから小説が書けないとか、痩せたいけど無料で誰もいなくて深さが1メートルはあるプールが自宅から徒歩2分以内にないから痩せることが出来ないとか。

ベストセラーになった『嫌われる勇気』を読むと、アドラー的な考え方はその逆で、運動をしたくないから、それを正当化するために言い訳を考えているのだ。

今の仕事の情熱もそうかもしれない。自分がサボりたいがためにトシが悪いということにしている。それでは自分の成長は望めない。

完璧な環境なんて存在しないのだから、やらない理由なんていくらでも見つかる。しかしそれでは自分は成長しない。自分で動かないかぎり、絶対に成長などありえない。今日から心して主体的に動こう。

このブログのツイッターもフォローしてね。