読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

プレミアムフライデーというバカが考えた政策

経済産業省経団連、流通業界などでつくる協議会が、金曜日は午後三時に帰るプレミアムフライデーを発表したらしい。

2月24日は3時に退社…プレミアムフライデー


それに対し伊集院光さんが、「どれくらいの人が恩恵を受けるか」と疑問に思っているそうな。

僕はこの伊集院さんの意見に賛成する。

僕は今まで、高待遇の職についたことがない。高待遇の職に就いたことがない人はプレミアムフライデーの恩恵を受けないと思う。

例えば研究職でのこの求人は時給1500円ぐらいでかなりの高待遇に一見見えるが、
http://www.wdb.com/jobinfo.nsf/joblist/5FA30B925B7FDF1B4925808A002662D6?OpenDocument

実際は交通費でない、祝日があればその分給料が下がる、ボーナスないなど、正社員とは相当待遇が違う。しかし、やってることはあまり変わらない。

だからこんなプレミアムフライデーじゃなくて、同一労働同一賃金をすすめるべきだ。

もう正社員なんてなくそうよ。終身雇用なんてやめようよ。ボーナスもやめようよ。

よかったら押してね!