読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

スウェーデンにきてすぐ感じた日本との違い

1. 主張| Claim
スウェーデンにきて、一週間ぐらいが経とうとしています。電車の乗り方とかもわかりつつあり、ちょっと慣れてきたので、その前にスウェーデンにきて感じたことをまとめておこうと思います。

1.照明が暖色系
空港についてすぐに思ったのは、明かりがオレンジ色だということ。日本だとおしゃれなレストランならともかく、空港とか駅とか公共の施設はみんな白色の明かりですよね。日本人の僕からすると、ちょっと暗い気もしますが、とてもおしゃれです。

2.犬を連れている人が多い
もしかしたら僕が住んでいる場所だけのことかもしれないけど、スーパーの外には、必ずと言っていいほど、犬がつながれていて買い物をしている主人を待っています。それだけでなく、電車の中にも犬を連れている人が多いです。そして何より、この犬たちは全く吠えません。まだ一回も犬の鳴き声を聞いたことがないと思います。しつけがいいのか、もしかすると声帯を切られているのか・・・そんなことはないか。

3.イヤホンで電話をしている人がいい
iphoneって、イヤホンにマイクがついていて、手放しで会話ができるじゃないですか。あれをしている人がとっても多いですね。電車の中でも別に電話は禁止ではないらしく、大きな声ではないですがボソボソと電話している人がたくさんいます。

4.なんか静か
スウェーデンの人口は東京23区と同じぐらいですから、かなり低密度ですが、それでもストックホルムは人が多いです。とくに中央駅というまさに中心の駅は東京駅のように人が多い。それでもなんか、静かなんですよね。雑音はしているんですが、気持ち悪い静かさというか。もしかするとBGMが流れていないとか、「○○はいかがですかー」というような販売しているときの宣伝がないからかな。