読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

コネというデメリット

今週の火曜日に、元上司の山田と会い、次の就職先を探しているということを言った。
すると山田は、知り合いに連絡してみると言ってくれた。

数日して、メールが来た。興味を持ってくれる人がいるとのことで、直接連絡してくれということだった。そして矢継ぎ早にまたメールが送られてきた。

「メールを送るときに私もCCに入れてくださいね!」

僕は山田をCCに入れて、その担当者にメールした。その担当者は、すぐには枠は開かないが、そのうち開くかもしれないからその時連絡するという話だった。そのメールが金曜日。

僕はそのメールを日曜日、つまり今日見たのだが、その時山田にもメールが届いていた。

「この(担当者からの)メールに返信したほうがいいと思うのですが・・・」

このブログだから本音で言うけど、山田めんどくさい。

金曜日に来たメールをすぐ返さないからといって、返せみたいなメールを送る乗ってうざすぎないですか。
僕は金曜日から土曜日までは、メールを一切見ないことにしている。仕事のことを考えたくないからだ。それを、非常識みたいな考えをする人は、僕とは価値観が違うのかなと思ってしまう。

もちろん、山田に紹介されたのだから、山田には感謝しているし、山田の言うことはある程度聞かないといけないかもしれない。「黙れ、この老害が!」と言いたいが、ここはぐっとこらえて、山田に文句をいうのはヤメる。でもうざいもんはうざいんだよ。

コネって言うのは、自分にとって楽な展開にすることが出来る。しかし、そのコネによっていろんなシガラミが生まれる。今の政治家もシガラミだらけで全く身動きがとれない人も多い。そんなのはやっぱり嫌だな。

ただ、コネがなく自分のやりたいことをやるためにはとにかく自分の実力を上げること。もっと強くなりたい。


このブログのツイッターもフォローしてね。