読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

グランドホテルでクリスマスディナー(Julbord)

キリスト教国家のスウェーデンにいながらクリスマスっぽい記事を書かなくてすみません。
クリスマスに「なんで「美人さん」っていうの?」とか「変化しないことを正当化する友人」みたいなネガティブな投稿してたのは僕ぐらいですね。

かと言って、クリスマスっぽいことをしなかったわけではありません。僕は本当に来年のクリスマスにはスウェーデンにいるか怪しいので、できるだけクリスマスっぽいことをしようと努めました。

それは、グランドホテルでJulbordです!!!

簡単に言うと、高級ホテルでクリスマスディナーです。

グランドホテルというのは、スウェーデンでいちばん有名なホテル、ノーベル賞受賞者も泊まるホテルです。このくらいの知識しかありません。

日本ではビュッフェをバイキングと言いますが、このバイキングはグランドホテルが由来らしいです。このくらいの知識しかありません。

ちなみに、スウェーデン人に「日本ではビュッフェをバイキングと言うんだ」というと結構喜ばれますよ。スウェーデンに来たときは是非話の種にしてください。

グランドホテルは、クリスマス期間中はJulbord(クリスマスディナー)になりますので、いってきました。スウェーデンに来て、スウェーデン料理をほぼ食べていないので、ここでスウェーデン料理を食べていこうと思っておりました。

グランドホテルは5つ星ホテルで、正装して食べている人も結構いるくらい格式高かったのですが、こっそり料理撮ってきたのでそれを載せていきます。これでスウェーデン料理をイメージしてくださいね。

明らかに”バイキング”っぽくないテーブルです。


パン&チーズコーナー!


パンうまい!腹膨れる・・・

スウェーデンの固くて薄いパン

パン

ブルーチーズ!嫌いな人多いので、粋がってたくさん取ったら食えず残してしまった・・・。カビみたいな味は別にいいんですが、しょっぱい。


平和なチーズ。


温かいコーナー。スウェーデン料理の4番バッター、ミートボール。




スウェーデン料理の1番バッター、ヤンソン氏の誘惑。ずっとヤンソン氏の憂鬱だと思ってました。


牛肉と、左は角煮に似た豚料理。めっちゃうまい。




豆とソーセージ。これはバイキングっぽいな。

右はキャベツと、左はロールキャベツ。ロールキャベツはなんと豆が入ってました。



冷たいコーナー!食べなかったのでこれがなんなのかレポートできず。








右はニシン。左と中央はサーモンです。




種類豊富なハムたち。レバーは僕にとって地雷なので気をつけてとらないと。


ハム!

ハム〜。


マスタードってスウェーデン料理の重要なんですかね?なんかいっぱいありました。



この固まり肉買いたい。



卵の上に乗った魚卵とエビ。

フルーツ

チョコレート。


うまいよー。







バイキングの様子です。


はい、終わりです。毎度のことですが、バイキングになると食べ物を見たくないほど食います。苦しい。

値段は1万円ほど。正直言うとちょっと高いかな。これで僕のクリスマスは終わり!


よかったら押してね!