読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

やるべきことが出来ない僕はどうしたらいいんだろう

僕はいま無職だが、やるべきことがある。それは、次の就職先に提出する書類。これは10ページぐらいの文章で、数年後の僕の身分に関わる重要な文章。履歴書みたいに書くことが決まっているわけではなく、自分で考えなくてはいけないのでとても大変。

締め切りは9月14日。この文章はまず上司に提出して、一緒に書いたという形で書かないといけないので、事前に上司に見せないといけない。だから、出来れば8月中に書き終えたいと思っているのだが、いま時点で全くできていない。

家にいると、すぐ寝転がってしまう。だからカフェに行きたいが、なかなか行けない。公共の施設でもなかなか出来ない。夜になるともうやる気は出ない。とりあえず明日やろうと言う精神になる。これは良くないというのはよく分かるのだが、でもできない。

僕は昔からそうだった。夏休みの宿題も、締め切りギリギリで提出できればいいのだが、提出しないということもある。それがおとなになってより悪化していった気がする。大人の場合、誰も結果を出せと言ってくれる人もおらず、結果が出なければそれで終わり。そうこうして、年をとって「何でやらなかったんだろう」と思って終わり。そうなることが目に見えている。

だから、やればいいのだがなぜやらないのか。それは単にやりたくないから。宿題をやるくらいならテレビ見たほうがいいでしょ。

逆に聞きたいが、やりたくないことをやる人はどういう思考をしているのか。例えば小説家。誰も小説を書けと言わないのに、なぜ小説が書けるのか。しかもいえ


このブログのツイッターもフォローしてね。