読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

【旅の知恵】機内食についてくる水は取っておこう

機内食では、写真のような水がついてきますが、僕はこれを飲まずにカバンにしまってます。
機内食の最中では、ジュースなどのサービスもありますし、食後にはコーヒーなども配られます。この水を飲まなくても、水分補給はできます。

逆に飛行機から降りたあとが、水が欲しくなったりします。乗り換えの時などは、4時間ぐらいの待ち時間のためにペットボトルを買うのはちょっともったいないし、かといって外国の冷水器はちょっと心配。そのときにこのサイズの水があると助かります。

入国した際でも、夜でホテルに直行などのときにはペットボトルが買えなかったりします。そのときにもこの水が重宝されます。

ちなみに、機内食で袋に入ったパンや、お菓子などが配られた時も保存してます。貧乏性なのです。