読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

「外に出るときはろうそくを消せ」というスウェーデンらしいお達し

僕が住んでいるアパートの住人向けに、月に一回メルマガみたいなのが届きます。書いてあるのは「ゴミは分別しようね」みたいな基本的なことなのですが、そのなかにスウェーデンっぽいことが書かれてありました。

それは「ろうそくは外を出る前には消してね」です。

スウェーデンに来て一番思ったことのひとつは、ろうそくをどこでもつけてることです。ちょっとおしゃれなレストランなら基本的にどこでもつけてます。僕の職場でも、事務の人たちが会議しているときに照明を消してろうそくをつけて話ししてました。もし日本でそんなことしてたら、ちょっとこいつら変な思想とか持ってるんじゃないかって思っちゃいますね。

実際に、スーパーでもどこでもろうそくはめちゃくちゃ売ってます。僕も買ってみました。
買ったんですが、なかなかろうそくを付ける習慣がないので減りません。

僕は、2011年にはタンザニアにいたのですが、そのときもろうそくをつけてました。というのも、一日の半分ぐらいは停電するので、夜にはろうそくをつけていることも多かったです。その写真はこちら。









現地の人も、ろうそくをつけるんですが、ろうそくは結構高級品であんまり長くはつけられませんでした。

停電することがないスウェーデンではバンバンろうそくを使って、電気が止まり真っ暗になるタンザニアではあまり使えないという、明らかな貧富の差があります。