読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

「こいつよりましだ」と思ってもらえれば良い

わざわざ公開したブログを書く理由はなんだろうと自分で考えてみました。別にただの日記なら公開する必要はないし、

僕がブログを公開している以上は、「人を楽しませたい」と思っています。

そのため自分ができることのひとつは、なるべく自分の弱い部分だめな部分を書いていくことです。

人の不幸は蜜の味。ポリティカル・コレクトネスを気にする人たちはそんなことないと思うでしょうが、これは紛れもない事実だと僕は思っています。

僕は伊集院光さんや岡村隆史さんのラジオが好きなのですが、彼らの話が面白いのは、基本的に自虐だからです。伊集院さんは自転車に乗って迷って泣いた話とか、岡村さんは彼女が出来ない話とか。どちらも売れっ子芸人ですのでたくさんお金は持っていると思いますが、けっしてそういう話はしません。

お金を使わなくても、人を幸せにすることは出来ます。僕にはお金も能力もありませんが、平均的な僕と同世代の男性よりも幸せでない自信はあります。なので、そのことを伝えていけば、僕が存在しなかったときよりも0.000001%でも世間を幸せに出来ればいいなと思っています。

ヒトの不幸は蜜の味の逆として、人の幸せはドブの味です。だから、僕は幸せに振る舞う人は敵で、徹底的に叩いていこうと思います。そういう例としては、

意識高い奴ら全員
・家族や友達の交流をやたらSNSで宣伝するヤツ
・金持ち、特に親が金持ち

だから、僕はこういう奴らを徹底的にたたきます。気分としては、「昔はモテた」とか言う上司に「その顔でモテるわけ無いでしょ」と飲み会の席で言う空気の読めない部下の気分です。みんなが「よく言った」と思ってもらえれば、クビになってもかまわないと思っています。

このブログを読んで「こいつ馬鹿だな〜」とか「いくらなんでもこいつよりましだな」と思ってもらえればいいなと思ってます。

よかったら押してね!