読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweden Now

北欧の国、スウェーデンの情報を流していきます。北欧ブームで注目されているスウェーデンですが、イギリスやフランスなどと比べるとマイナーで、かつ日本からの直行便もないためスウェーデンの本当の姿はあまり知ることができません。「世界一美しい首都」であるストックホルム、豊かな自然、高福祉高負担な政策など、日本とは異なった性格を持つスウェーデンを現地からお伝えいたします。

ストックホルムを歩く1 StorkyrkanからSt. Eugenia's Churchまで

いよいよ始まりました『ストックホルムを歩く』。説明については、以下の記事をご覧ください。
http://amufaamo.blogspot.com/2017/01/blog-post_15.html

今日歩いたルートは下の地図のとおりです。地図の番号と写真の番号が連動しています。

記念すべきスタートは、ストックホルムの中心とも言えるこの教会からスタート!

1. Storkyrkan
ガムラスタンにあるStockholm大聖堂(Storkyrkan)です。13世紀にできた、ガムラスタン(ストックホルム旧市街)で最も古い教会。13世紀は日本はまだ鎌倉時代なのでその時からこの教会はあったんですね。




Storkyrkanから向かって右側には、ストックホルム宮殿があります。王様の公務に使われる宮殿です。ロンドンのバッキンガム宮殿は、女王の休暇中しか見学できませんが、このストックホルム宮殿は、原則いつでも見学できます。

2. Finska kyrkan
Storkyrkanから向かって左側には、フィンランド教会(Finska kyrkan)があります。大聖堂よりかはずっと地味ですね。

2. Finska kyrkan
この路地を通って、裏側に回ってみます。

2. Finska Kyrkan
教会の敷地内にやってきました。木の横にあるのは・・・


2. アイアンボーイ
ストックホルム最小の像、アイアンボーイです。

2. アイアンボーイ
哀愁漂いますね。誰かがマフラーを作ってあげたんでしょうね。このアイアンボーイ、地球の歩き方にも書いてあるんですが、結構わかりにくいところにあります。

フィンランド教会の左側にあるのは、

http://www.myntkabinettet.se/
3. Myntkabinettet
経済博物館、もしくはコインミュージアムです。無料で入ることが出来ます。

3. Myntkabinettet
入ってみましょう。

3. Myntkabinettet
建物自体はそこまで大きくないですが、3階まであり、見ごたえあります。


3. Myntkabinettet
昔使われていたお金が沢山展示されています。

3. Myntkabinettet

ギリシャの最も古いコインです。


なんか、手作り感ありますね。



3. Myntkabinettet
 コインだけでなく、紙幣も展示されてます。色んな大きさが有りますね。



3. Myntkabinettet
この形のコイン(Coin plate)があったみたいです。持ち運びしにくそうですね。あと手が切れそうです。

3. Myntkabinettet
 2016年に、100と500クローナが新しくなったそうです。100クローナは、Greta Garboという1920年の映画スター、500はBirgit Nilssonという20世紀で最も有名なクラシックの歌手らしいです。政治家じゃなくて文化人を紙幣にするのは日本と似てますね。

4. Royal Armoury
 コインミュージアムの反対側、宮殿の下側には、Royal Armouryというコレまた無料の博物館があります。スウェーデンで最古の博物館で、王族の衣装などを展示してあります。

4. Royal Armoury

 中はかなりくらいですね。


4. Royal Armoury
中世っぽいです。


4. Royal Armoury

4. Royal Armoury
馬も重装備です。


4. Royal Armoury
地下には馬車が展示してあります。


4. Royal Armoury
  
4. Royal Armoury
こっちみんな!

4. Royal Armoury

4. Royal Armoury

4. Royal Armoury
お馬さんもおめかし 

5
 さぁ、前に進みましょう。まだ出発地点から100mぐらいしか進んでません。


5

ガムラスタンの島から北側に行きます。




5
 水鳥いっぱいいますね。向こう側の左は、グランドホテルという最も高いホテルです。



5

止まってた船。船でもWifiは重要なのですね。



6
この橋を渡ってガムラスタン島を去ります。


7
相変わらず水鳥たくさんいます。



 7

氷の上で休んでます。


8. Palmeska huset
橋を渡りきったところに、Palmeska husetという建物があります。Helgo Zettervallという建築家が作ったそうです。




9. Jernkontoret
Pamleska husetをまっすぐ北に進むと、Jernkontoretという建物があります。1875年にAxel Kumlienという方が作って、鉄産業の本社だったらしいです。





9. Jernkontoret
入り口も面白いですね。


10

もうすぐ目的地のEugenia Curchですが、ちょっと寄り道します。

11. Synagogan
Synagoganという建物です。1867年にFredrik Wilhelm Scholanderという方が作ったそうです。礼拝と宗教研究のために作られた、ユダヤ人のホールだそうです。




11. Synagogan
ホロコーストを忘れるなと書いてあります。 


11. Synagogan

裏側もきれいです。


12. Berns salonger
ぐるっとまわるとBerns salongerというのがあります。レストランとコンサートホール、ホテルがこの建物にあります。1862年に建てられました。



12. Berns salonger

12. Berns salonger




12. Berns salonger


13. Piccolino


目的地の近くですが、ここでちょっと休憩。めちゃんこ寒いので。


13. Piccolino
お洒落カフェですね。


13. Piccolino
結構混んでます。 
13. Piccolino
コーヒー   30クローナ
レモンケーキ 46クローナ 

うまい!

14. St. Eugenia Church
目的地が見えてきました。

14. St. Eugenia Church

14. St. Eugenia Church

14. St. Eugenia Church


14. St. Eugenia Church



14. St. Eugenia Church
この教会は、ビルみたいで見逃してしまいそうです。



14. St. Eugenia Church
中に入ると待合室的なところがあります。

この教会は、スウェーデンノルウェーカトリック教会の中心的な教会らしいです。北欧は基本的にプロテスタントなので、結構珍しいです。



14. St. Eugenia Church

14. St. Eugenia Church
聖書です。

14. St. Eugenia Church

14. St. Eugenia Church



14. St. Eugenia Church





14. St. Eugenia Church
  
14. St. Eugenia Church

14. St. Eugenia Church
Tree of lifeというものらしいです。


14. St. Eugenia Church
なんか、やっぱりスウェーデンにあるプロテスタント教会とは違う雰囲気がしますね。カトリックのほうが教会主義なので、派手です。


14. St. Eugenia Church
陽気なおばさんおねえさんがポーズしてくれました。 




ということでストックホルムを歩く1は終了です。次回はたぶん来週です。また見てね。



『ストックホルムを歩く』について

ストックホルムに来て3ヶ月が過ぎ、無料の博物館等はあらかた行き尽くしたので休日にやることがなくなった。

そこで、ストックホルムを歩いてレポートしていこうと思った。ただ、単に歩いても面白くないので、ストックホルムの教会巡りをしていこうとおもう。

Wikipediaに登録されているストックホルムの教会は35
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_churches_in_Stockholm

この35を歩いて巡っていきます。

題して『ストックホルムを歩く』。
すいません、題した割にシンプルですが。

僕が教会巡りをしようと思ったのは伊集院光さんの影響です。

1月9日の『伊集院光 深夜の馬鹿力』で、長崎の五島列島の教会巡りの話をされてて、それで僕もやってみようと。

ということで、このブログでできるだけ詳しく街歩きの様子を書いていきたいと思います。

よかったら押してね!

2016年買ってよかったもの

年末になると(もうとっくに年明けてますが)、Youtuberやらブロガーがこぞって「2016年買ってよかったものベスト10!」みたいなのやってますよね。

僕も未曾有の有名ブロガー(現在ロシアからアクセスバンバン来てます。怖い。)として、やっぱりこの記事は書いておかないといけないんじゃないかって思ったんですよ。もう1月も中盤で、完全に新年の目標なんて忘れていますが、とにかく紹介したいと思います。

第2位
ティファール インジニオ・ネオ 取っ手の取れる IH
4500円くらい。

ティファールのウォックパンというのはフライパンと鍋の中間ぐらいの形なんです。つまり両方使える。ご飯も炊けるし鍋も出来るし炒め物も出来る。出来ないのは大きなお好み焼きぐらいじゃないですかね?

このウォックパン、とても便利で日本からスウェーデンまで持ってきました。こっちでもT-falは売ってるんだけどね。ちなみにスーツケースに入れてたら、重量オーバーで3万円ぐらいとられそうになったので、手荷物で持っていきました。機内にフライパン持ってるの僕ぐらいだったでしょうね。機内食が間に合わなくて、「お客様の中に、フライパンをお持ちの方はいらっしゃいませんか?」と言われたらすかさず貸してあげようと思いました。まぁそんなことあるわけないですが。

第一位
OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN mini E-PM2
中古で23000円

このブログでも結構写真載せてますが、ほとんどこのカメラで撮ってます。週末は間違いなく持っているので、23000円は安いですね。実は元々E-PL2という物を持っていたのですが、スウェーデンに行く直前に壊れたので、コレを買いました。買ったときには型落ちしていて、定価の半額以下だったと思います。


以上です。

「おいおい、普通10位ぐらいまで有るんじゃねえのかよ」期待した貴方、誠にすいません。
振り返ってみると、2016年に買ったものは、日用品以外にはこの2つしかありませんでした。

いや、マジですよ。ってかなんでYoutuberとかあんな色々買ってるんですか?第十位まであるって、月一回は必ず何かちょっと大きなお金のもの買ってるってことでしょ?富豪かお前は。

ちなみに、僕は物を買ってないばかりか、服も買ってないし旅行もほぼ行ってないですよ。なんて節約家!でもさ、何で俺こんな金ないの?ワイの給料どこ行っとるの?まじで謎なんだけど。

考えてみたら、2016年は3月に東京に引っ越し、10月にスウェーデンに引っ越しましたからね。しかも全部自腹ですよ。スウェーデンの飛行機代だって自腹。

これがホワイト企業の転勤とかだったら、社宅に泊まれて引越し費用も出て、ウハウハなんでしょうが僕みたいな底辺博士には誰もお金なんてくれません。

僕のipadはもうiOSが更新されないし。あー金持ちになりたーい。


アーランダ国際空港からストックホルム中央駅に最も安く行く方法

ストックホルムでバス・電車・船を使うときは、SLカードやストックホルムパスというのを使うと、とてもお得です。旅行者用に24時間や3日間用のものがあり、その時間であればストックホルム内の公共交通機関は乗り放題になります。
http://hokuou.tri-p.net/sweden/972.html

日本の定期券のように区間が決まっているわけではないので、ストックホルム内であれば何も気にせず乗り物に乗って好きなところに行けるので大変便利です。

日本や他の国から飛行機でストックホルムに着くときは、アーランダ空港というストックホルムから少し北の空港につきます。

アーランダ空港も、SLカードやストックホルムパスのエリア内です。ですが、以前アーランダ空港に電車で行ったときに、120SEKも追加でとられてしまいました。

他にも代表的な移動手段であるアーランダエクスプレス(260SEK)や直通バス(119SEK)もお金がかかります。SLカードの24時間パスで115SEKなので、空港から中央駅の片道で24時間パス以上の料金がかかるのは割高ですよね。

しかし、追加料金かからずにアーランダ空港からストックホルム中央駅に行く方法があるのです!!!!

それは、以下のルートです。

・アーランダ空港のバスのりば(ターミナル5なら15番乗り場)の583番線Marsta行きのバスにのり、Marstaに行く。

・Marstaから普通電車でStockholm Centralに行く。

これで、追加料金無しで中央駅にいけます。もちろん、中央駅だけじゃなく他のストックホルムエリアもいけますよ。

時間は1時間ぐらいでしょうか。アーランダエクスプレスなら乗り換え無しで30分なので、たしかにちょっと不便ではありますが、260SEK(3000円)余分にお金を払わなくていいのでお得だと思います。

ご参考までに。


よかったら押してね!

言語習得はDuolingoで!

スウェーデンに来て3.5ヶ月。ものすごーくざっくりですが、スウェーデン語がわかってきた気がします。

僕は最初、来てすぐ無料のスウェーデン語講座を受けていたのですが、思いっきり心が折れて、その後結局行かなくなりました。その話はココに書いてあります。

実際には仕事場では英語だし、街の人も英語をわからない人はいないのですが、やっぱりスウェーデン語を知っていたほうが世界が広がります。

今は、買い物をしたときの値段などは聞き取れるぐらいですね。あとお店だと「飲み物は?」とか「レシートは?」みたいな予想できる会話なので、なんとなくわかります。

もちろん僕は見た目にもスウェーデン人ではないので、英語で話しかけられることもありますが、スウェーデン語で話しかけられるとちょっと嬉しいですね。それで理解できるともっとうれしいです。

ということで、最近はDuolingoというサイトでスウェーデン語を勉強しています。

このDuolingoは、堅苦しい教科書のような感じはなく、絵を見て言葉を覚えるような感じです(説明下手くそ)
まぁ、無料なのでやってみてください。
https://www.duolingo.com/
ただ、これだけだとちょっと不十分かな?やっぱり教科書読まないとわからない気はする。

早くレストランで働いている中国人ぐらい、スウェ語出来るようになりたいな。

ちなみに、北欧はそれぞれ国で言語は違いますが、スウェ語は一番簡単らしいです。それを表した絵がこちら。


スウェーデン語は子猫で表されてます。一方お隣のフィンランドゴジラ・・・

日本の友だちが来たときに、スウェーデン語ペラペラになってるとかっこいいんだけどなぁ。



よかったら押してね!

友人がカンパを募った結果

ぼくが所属していた海外ボランティアのメンバーと、facebookでゆるくつながっている。一年ぶりぐらいに、グループにメッセージが来た。

どうやら友人が、海外ボランティアの経験を本にしたいらしい。自費出版はきついから、同じ体験をしたみんなにカンパをお願いしたいと。その投稿にいいね!をした人に個人的に連絡をするらしい。

そういう投稿って、何人が読んだかちゃんと出る。今のところ、74人が既読。そのうちいいね!を押したのは、5人・・・

いやー、現実ってこういうものなのね。キビシー。

ちなみに僕はもちろんいいね!押してませんよ。

よかったら押してね!

ストックホルムの駅で日本のコマーシャルが流れてます

1月から、ストックホルムの駅等で、日本を紹介するCMが流れてます。


これは日本人としては見逃すわけはありません。

日本とスウェーデンなんてあまり関連性がありませんが、こうやってCMが流れるのはうれしいですね。

僕のイメージは、スウェーデン人は礼儀正しいし、あまり騒がない(あと美男美女)ので、是非たくさん日本に行ってほしいです。

日本人だから贔屓しているのかもしれませんが、日本って世界的に見ても特殊な国だなぁと思います。島国というのが大きな理由かもしれませんが、それに加え隣国の露・中よりも欧米と仲がいいって。それなのに、一神教が全く流行らないって。こういう国って他にないんじゃないですかね?

あと特質すべきは、日本特に東京の清潔さですね。途上国ならともかく、ロンドンとかボストンでも普通にゴミは落ちてましたから。あと、そこらじゅうに落書きあるし。東京はゴミがなくて道路まっ平らだし。

ストックホルムもかなり清潔な方ですが、やっぱり東京にはかなわないと思います。落書きもまぁまぁある。ただ、建物の統一感とか、照明のセンスとかで上を見ればストックホルムのほうがきれいかも。

よかったら押してね!